Xiaomi Poco F2 Proはコスパモンスターと呼ばれるほど、値段に対しての性能が素晴らしく、
最新のゲームもヌルヌル動く性能を持つSnapdragon 865が搭載されていながらこの金額は脅威です。

カメラ性能も4眼カメラが搭載されており、非常に美しい写真が取れます。(iPhone 11やXiaomi mi Note 10と比べても綺麗に撮れていると感じます)
実際に利用するとマクロに驚かされ、通常のスマホではこれ以上寄れないような被写体であっても数センチレベルまで綺麗に撮影できてしまいます。

楽天モバイルは公式で対応を謳っている製品ではありませんが、楽天モバイル網で利用することができます。(au網はBAND18もBAND26も対応していない)

楽天モバイルで使えるようになるまでの手順をポイントだけ紹介します。
MIUIバージョン:MIUI Global12.0.2安定版
Androidバージョン:10 QKQ1.191117.002









初めて利用する場合、VoLTEがデフォルトオフになっていますので、有効化することで利用できるようになります。試したところ、VoLTEをオンにしないと電話はおろかデータ通信もできなさそうでした。
VoLTEを有効化するには電話アプリで以下のコマンドを打ちこみます。

*#*#86583#*#*

ssdialer


Whoscallなどをインストールしている場合はそちらでコマンドを打ち込む必要がありますので注意してください。(標準の電話アプリだとコマンドが効かなくなります。)
もっとも、楽天モバイルの通話SIMの場合、通常「Rakuten Link」アプリを使うことになりますので、ほかの電話アプリはインストールしないほうがいいかもしれません。

voltedisabled


disabledとポップアップが表示されれば事前準備は完了です。
ちなみにdisabled(チェック無効化)とenabledチェック有効可はコマンド実行のたびに切り替わりますので、ご注意ください。
設定->SIMカードとモバイルネットワーク->SIMカードを開き、「VoLTEを使用」という項目があればokです。


Screenshot_2020-09-09-21-32-47-803_com.android.phone


この設定をオンにすればすぐに使えるようになります。ならなければ一旦端末を再起動してみましょう。


また、楽天モバイルのSIMを契約後に初めて利用する場合は、楽天回線でアクチベーションする必要があるようです。アクチベーションするといっても、電波が立っている場所にしばらく放置していると自動的にアクチベーションは行われます。

SIMカードのAPN設定はテザリングを使う場合は変更する必要があります。
APNタイプにdunを追加しましょう。

Screenshot_2020-09-09-21-41-08-514_com.android.settings


これで一通りのことはできるようになったと思います。